FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

きっかけ -その4-

2009年04月28日
ブログをやっている方はお分かりでしょうが、ブログにはカテゴリというものがあります。書き始めのころというのは分類などあまり考えないもので、いずれ書き溜めたらあらためて分類する場合が多いと思います。この記事もカテゴリは未分類で、タイトルはきっかけ-その4-となっていますがいずれ変更することになるでしょう。まぁどうでもいいことではありますが。

エフエープロのヘンリー塚本監督作品について前回書きましたが、監督は好んで熟女同士の組み合わせも撮られていました。これもわたくしレズ・フリークに大きな影響を与えたひとつです。篠原五月さん、岡部まり子さん、河村恵美子さん・・・ずいぶんお世話になりました(笑)。

さて90年代中盤レズキス界にもうひとりの巨匠が登場しました。アロマ企画の「濃厚接吻」シリーズはエフエーの「ネコとタチ」に比肩する大きなインパクトでした。その巨匠はいうまでもなく鷲本監督です。このシリーズは時にかなりの間隔を開けながらも続きましたが、9巻でどうやら終了してしまいました。もうかれこれ10年ぐらいになるのではないでしょうか。

このシリーズの画期的なことはタイトルどおりキスの濃度が極めて濃かったと同時に1コンテンツ1カテゴリーであったことです。それでも初期のころの作品には乳首なめや軽い絡みもあったと記憶しますが、後半はほぼキスオンリーに統一されました。個人的には1、3、5、9が好みでした。特に最終作となった9巻はAV映像のレベルとしても最高レベルにあったのではないでしょうか。主演の安西ゆみこさん、古河由摩さん・・・すばらしかったです。宮内&吉永コンビも。

この時代(レズキス的に)絶好調だった鷲本監督のもうひとつの傑作シリーズが「熟女レズ接吻」シリーズでした。残念ながらこちらは3作で終息してしまいましたが、熟女ふたりが延々とキスするだけという、今考えても超ウルトラ・マニアックなものでした。今回わたくしレズ・フリークが制作した3作もある意味この系統ですが、さすがに女優さんを三人にしたり、細かく設定を変えて作りました。このシリーズのように女優さんふたり、1シーンのみと言うのはさすがに時間を持たせる自信がありませんでした。

鷲本作品は設定やストーリー展開に凝るタイプではなく、ごく普通に女性二人が何気なくキスを初めて、それがしだいに熱いものにエスカレートしていくというものでした。カメラ・アングルも特に初期はそれほど多様ではなかったように記憶します。ですからキスそのものがまさにコンテンツでした。

わたしも今回制作して分かったことですが、これは女優さんにも集中力と大きなストレスを与えます。女優さんは男性相手よりレズのほうがはるかに緊張するようです。それは傷つけてはいけないとか、人間関係が気になると言った男相手よりデリケートな面が大きいと言います。鷲本監督はこの難問を熟女でやり遂げたんですから大したもんです(笑)。このシリーズ三作目に出演された早乙女美沙さんは一時期私のアイドルでした(笑)。

その後鷲本監督がレズキスものを撮ることはほとんどなくなりました。これは大きな損失のようですが、思うに監督はやり尽くした、レズキスに関してはバーンアウトしたのではないかと想像します。いったんそうなるとモチベーションを維持できなくなるのはある意味当然のことのような気がします。

アロマ企画さんはインターネットにも積極的で早い時期から接吻系の掲示板をやっていました。当時ネットの世界にはまり出した私はこれに飛びつき、ほぼ毎日のように書き込んでいました。当初はレズ接吻も男女接吻も一緒くたですが、両者のいがみ合いに危機感を抱いた(笑)アロマさんが一時期板を分けたりしました。我々レズキス派は喜びましたが、男女派はなんとなく共学でないクラスにされたみたいで寂しそうに見えました。そんなことないか(笑)。

その後いろんな事情からこの掲示板はうやむやに消滅してしまいましたが、これを通じて私はベロ吉さんほか同好の皆さまと知り合うことができたのです。アロマの板がなければその後の交流はありえなかった、そう考えると同社には頭が下がる思いがします。レズ接吻ファンの多くが通ったあの新宿ベロシティ、こちらも忘れられない存在でした。(続く)
スポンサーサイト
[PR]

きっかけ | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
ビックバン
どうもこんにちは。
私にとってはアロマの「濃厚接吻」シリーズと新宿ベロシティの「口舌吹奏楽」シリーズが、当時のアロマ企画系の二大ビックバンでした。
今はアロマ企画からはレズ作品はもう出無くなりましたね。

以前,新宿ベロシティの店内に、「マニア募集」のはり紙を見た事が有ります。
どうやらマニア同士で交流する目的だった様でした。
当時はまだインターネットは、普及していませんでした。
私は内心,自分以外にこんなマニアが居るのか?と疑問でした。
私はインターネットは余り好きでは有りませんが、こういう時代が来るとは・・。

それからSODの「初めてのDeep Kiss」シリーズも有りました。
尚,このメーカーは好きでは有りませんでした。

私はキスの他に貝合わせも好きです。
最近はアウダースの「DOKIレズ」など、ドキュメント物が好きです。
それでは失礼。
>ビッグバン
こんばんは。コメントありがとうございます。

ベロシティ懐かしいですね。あんな雑居ビルのようなマンションのようなところに、実にフシギなお店でした。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。