FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

きっかけ -その1-

2009年04月20日
このブログにて管理人レズ・フリークがレズとりわけ熟女のレズ接吻に魅せられたのか、についてこれから書き綴っていきたいと思います。ま、書き綴るなんてシックなものじゃぁありませんけど、おつきあいいただければハッピーです。

まずサイト名とした「J-Leskiss.com」。 この「J」は熟女とJapaneseのふたつの意味を持たせたもの、 ダブルミーニングでございます。もっとひねった、洒落っ気のあるサイト名にしようかとも考えましたが、アダルトサイトの場合ジャンルがなるべくサイト名に入ったほうが検索にかかりやすいというメリットがありました。

レズキスは国内では人気のあるフェチですが、海外ではそんなでもないようです。でも、できれば海外にもマーケットを広げたい・・・などという大それた考えもありまして、いずれは英語ページも作成しようかなどと思案中です。

管理人レズ・フリークがレズに目覚めた?のはまだ確か中学生のころでした。すでにオッサンな管理人が中学生だったのははるか古(いにしえ)のことです。

きっかけは兄が持っていた週刊誌(平凡パンチだったか?)でした。そこに載っていたのは中年女性(といっても30代ぐらい)と若い女性のお話で、その関係は上司と部下か、先生と元教え子か、そんな感じだったと思いますが、とにかく年上の女性が若い女性をあるきっかけでベッドに誘うというものでした。

ストーリーの脇に写真はなくてイラストが載っていたんですが、このイラストがなかなか官能的で、うぶな中学生にとってまったく未知だったレズという世界の甘美さとあいまってすごいインパクトを受けました。

まだ当時はレズということばがなく(と言いますかあったんでしょうが、知らなかった)、雑誌での表現も「(女子)同性愛」。ともかくこの女性同士が愛し合うという種族保存の法則からはかけ離れた、しかしなんとも甘美な世界に出会った感動は、きっとこれを読んでる皆さんも絶対一度は味わっているはずですね。

それが管理人レズ・フリークにとっての、数十年におよぶレズ鑑賞暦、人生の大きなウェイトを占める一大フェチのスタートでした。(続く)
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

きっかけ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。