FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

Making of 「熟女レズキス三部作」 ③

2009年08月01日
映像はビデオカメラと照明で作るものですが、音声について普通はカメラについているマイクでそのまま録ることが多いと思います。しかし作品として残そうと思えばこれはもう少しケアされるべきでしょう。

市販されているビデオカメラのほとんどは映像部分に多くの予算が使われ、マイクははっきり言って手抜きです。映像部分はどんどん新しい技術がふんだんに盛り込まれるのに、音声は録れればいいってレベルのままです。しかし多少映像の予算を落としても音声に使ったほうが作品のレベルが高まるのではないでしょうか。

本格的な撮影現場においては、音声はビデオを別に収録し後からつけられるケースが多いようですが、同録の場合はメモリーレコーダーやブームセットが使われます。しかし我々のような個人レベルにあってはこれさえ少々難しい気がします。

で、管理人が取っているのはビデオカメラに外部マイクを取り付ける方法です。レズキスの場合、ベロや唾の絡み合ったりのジュルジュル感がとても大切で、内蔵マイクではこれをうまく録れません。ある程度アンビエント感がありながら、とらえられるべき音をしっかりとらえられる、これが必要と考えました。

オーディオテクニカ AT-822

AT-822


これが管理人の使っているマイクで、もう発売から十数年を経ているモデルですがいまだにプロの現場でさえ使われている機種です。もちろん同社には新しい機種もあってそちらでもいいでしょうが、管理人は使ったことないので違いについてはわかりません。

レズキスの分野で音について最初に着目したのは「濃厚接吻」の鷲本監督だったと思います。ビデオやDVDにはよくヘッドフォンでお楽しみください、と書かれてましたね。監督が当時から音が大切な要素だと考えていた証拠です。拙作はヘッドフォンでの鑑賞を考えているわけではありませんが、彼の考え方から学びました。

正直に書くと「熟唾」に収録した「テニスの後のマッサージ」ではちょっとした失敗がありました。マイクに風防(ジャマー)を付け忘れてしまったためかなり風の音を拾ってしまったのです。ちょっと耳障りになってしまいました。スミマセン。でも室内の撮影分はそれなりにリアリティある音に仕上がっていると思います。(うぬぼれかな?)

フェチの映像においても、ほとんどのジャンルで音はそれなりに重要なものだと思いますが、残念ながらこだわりを持つ方は少ないようです。ネット配信ならともかく、DVDなどでの鑑賞を前提とすれば検討の余地ありと思います。これから自主制作や個人撮影をお考えの方の少しでもヒントになればうれしいのですが・・・
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
メイキング | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
こんにちは。
AT-822、ワンポイントステレオマイクなんて呼ばれていた懐かしいマイクですね(笑)。
わたしが生録にはまっていた頃はSONYのECM-969ってのを使っていました。

ただ、動画を撮影するようになってからは、わたしも音を軽視する傾向がありました。
「元祖レズ接吻2」もビデオカメラ内蔵のマイクを使って撮ったのですが、
カメラの調子が悪かったのか、「コッ!」って感じのノイズが定期的に入ってしまい、
これを消すのに相当の時間を要してしまいました。
これを教訓に、次回作は外付けマイクで撮る予定です。

それと、次回作はハイビジョン製作です。
そのために新たにビデオカメラも買っちゃいました(笑)。
レズ・フリークさんもこだわっておられるようですが、
わたしもCMOSは嫌いで、CCD命!なんです(笑)。
でも、最近のビデオカメラ(というか、一眼のデジカメまでもが)も
ほとんどがCMOS機になってしまっていて、どうしようか悩んでいたのですが、
オークションで一年ぐらい前に発売されたビクター最後の3CCD機、
GZ-HD6が安く出ていたので、これを落札しました。
いや~ハイビジョンはやっぱり綺麗ですよ。
特にハイビジョンテレビでは標準画質のDVDとは比べものになりません。

レズ・フリークさんも次回作は是非ハイビジョン製作で!(笑)
コメントありがとうございます
NAOKOさんこんにちは。

AT-822はかなり以前のマイクですが、手ごろに使える音のいいマイクってほかにいまひとつ見当たらないんですね。ビデオサロンなど見ても相変わらず推薦マイクです。

もちろんプロやハイアマチュアから見れば低レベルかもしれませんがちょっとした工夫と出費でクオリティアップが図れればいいかなって思っています。ただ外部マイクはそのままビデオシューに取り付けるとメカノイズを拾いますので工夫が必要になりそうです。

私もレズキス以外ではハイビジョンカメラ使っています。最近HDR-FX1000というやや大きめのHDVカメラを買いました。私のPCの処理能力ではHDVタイプ(つまりテープ)でないと対応できないのでいまだにこのタイプです。比較的最近の機種なのでCCDではなくて残念ながらCMOSですが、低照度撮影が可能なことと広角に撮れることが気に入りました。

画面サイズは16:9になりますので撮り方の工夫は必要ですが、横長画面はそれなりのメリットがありそうです。と言いますか生かさないといけませんね。

私も次回作(があるとすれば)はこのカメラで撮影するかと思います。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。