FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

印象に残ったレズキス(洋画編)

2009年05月18日
マルホランド・ドライブ

レズキスは言うまでもなくこの世で一番エロく美しいものですが、そんな中で一般の外国映画やドラマでもいろんなものがあってずいぶんお世話になって(笑)きました。ここ数年では、たとえばマドンナとブリトニーにチュッチュとか、「Lの世界」なんかがけっこう話題になったりしました。そういや一時期話題をさらったタトゥーってのもいましたね~。熟女ではまったくありませんがナツカシイ!

皆さんもたくさん記憶に残っているシーンがあるでしょうね。そんな中で管理人レズ・フリークが特に好きだった洋画のレズキス・シーンをいくつかご紹介。

一つ目はあの「マトリックス」の監督、ウォシャウスキー兄弟によるサスペンス映画 「バウンド」。ジェニファー・テイリーとジーナ・ガーションによるキスです。ちょっと舌足らずなジェニファーと、大きめな口とぶあつい唇がヒワイなジーナのコントラストがエロチックです。キス自体そんなに激しくもないんですが、それでも息が飲んじゃいます。かなりアブナイ感じの展開がおもしろくて、私は「マトリックス」より好きですね~。ジーナは「ショーガール」でもすっごくエロいレズキス見せてくれました。ごちそうさま!

もうひとつは「エレファント・マン」や「ツイン・ピークス」で有名なデヴィッド・リンチ監督作品 「マルホランド・ドライブ」(写真上) 。演じたふたりはナオミ・ワッツとローラ・エレナ・ハリング。前者がブロンドのさわやか美人、後者がブルーネットの妖艶美人と対比がこれまたすばらしいマッチングでした。映画としてもおもしろかったですが、やっぱり何度も見直したのはチュ~のシーン(笑)。

熟女度を少し上げるとシャロン・ストーンとイザベル・アジャーニ、大物女優ふたりの共演がまぶしい 「悪魔のような女」 。映画自体はイマイチでしたが、さすがにこれぐらい女性が輝いているとエロ度が違います。こちらは妖艶タイプがブロンドで、清純?タイプがブルーネット。この対比ってやっぱりいいな。キス・シーンはややあっけないのがもったいないっす。

熟女度満点なのがフランス映画 「8人の女たち」(写真下)。 53歳のファニー・アルダンと59歳のカトリーヌ・ドヌーブが魅せてくれた甘美なレズキス。これが個人的にはナンバーワンかな。普通のレズ掲示板なんかはいろいろ偏見もあって書けないけれど、ここは自分の、熟女レズキスサイトのブログだからなんの遠慮もいりません。もっともこんなの読んでくれる人ならとっくにご存知かもしれないですけどね。それにしてもこんな大女優ふたりが、この俳優人生集大成の時期に見せてくれるなんてサイコーですね。ドヌーブはもっと若い頃「ハンガー」という作品でもスーザン・サランドンとレズってますが、濃さは断然こっちのほうが上。映画としてもすごくおもしろいので未見の方にはお薦めです。

8人の女たち
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
作品レビュー(他社様) | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
マルホランドドライブはストーリーがすごく複雑でいまだに理解できません。そこがまた楽しくて・・・最初が夢で後半が現実なんですね。死体は本人??あの青いキーが現実と夢の分岐点でしょうか?何度見ても面白い映画です。
ベロ吉さん、コメありがとうございます。

デヴィッド・リンチ監督作品は難解なものが多いですからね。私もよく分かっていません。
ま、雰囲気と美しいレズが堪能できるだけでも傑作です(笑)。

たまにはフツーの映画のことなど話すのも楽しいかもしれませんね。

管理者のみに表示